Home

トーイックで給料が上がる?リストラされないTOEIC勉強法

真珠の購入

“真珠”の美しい輝きは、シャボン玉のピンクやブルーの輝きに似ています。


それは、内面から、光を干渉して反射させているからです。


アコヤ貝から分泌された透明な“真珠層”が、シャボン玉と同じ様な原理で、
“干渉色”を発して、美しい光沢を出しているのです。


人工光源の工夫で、真珠をより美しく見せる事が出来ると云われています。


“自然光”のない場面では、いろいろな光で、真珠を見る必要があります。


真珠などの美しさを見極めるには、“上級品”から見て行く事が重要です。


上級のクラスの商品を見て説明を聞き、自分に見合う妥協点を考えて、
予算に合わせて行きます。


下級品から見て行くと、中級品でも、美しく感じてしまうからです。


たとえば、真珠のネックレスを買う時なども、自然光の入る窓辺で、
回転させながら見ると、“巻き薄”や“巻きムラ”のあるものが見分けられます。


真珠の色合いと、自分の肌の色とのバランスも見て置かなければなりません。


真珠には、相場はありますが、定価は無いと云われています。


同じ真珠でも値段差があったり、業者によって値段の付け方も違います。


中には、実体のない定価を設定しておいて、
その5割引や7割引で販売する様な業者もいるようです。

ダイヤモンドの手入れ

“ダイヤモンド”は、非常に“強靭”な鉱物です。


ちょっとやそっとのことで傷つく事はありません。


むしろ、他の石を傷つけてしまわないように注意する事が必要です。


収納する際には、柔らかい布で包むか、箱にしまう様にして、
他の石とは触れ合わない様にする必要があります。


ダイヤモンドは、通常の使用で問題になる事はありません。


しかし、“一点集中”の強い衝撃には弱いと云う性質があります。


金属のハンマーなどで、思いっきり叩くと、粉々に砕ける事があります。


ダイヤモンドは、高熱では燃えて、白く変質してしまいます。


そこで、火災には、十分に注意が必要です。


ダイヤモンドは、“アルコール”や“シンナー”、“ガソリン”、“アンモニア”など、
日常的に良く使われる薬品には、全て耐性があります。


ダイヤモンドは、“油を引き付けやすい”性質があり、
皮脂や汚れをそのままにしておくと、“曇り”が生じてしまいます。


ダイヤモンドを、一日使用した後は、“シリコンクロス”などで、
皮脂や汚れを落とす習慣を着けて欲しいモノです。


曇ったダイヤモンドは、洗面器に“ぬるま湯”を入れ、
“中性洗剤”を少し落として、優しく洗うときれいになります。


そこでは、排水口などに落としてしまわないように注意が必要です。

TOEIC Bridge

TOEIC Bridgeは、基礎的なコミュニケーション英語能力を評価するために開発されたTOEICのジュニア版とも言えるテストです。

TOEIC勉強法 — 新トーイックの勉強術でよみましたが、TOEICへの架け橋という意味からTOEIC Bridgeと名づけられてるそうです。

TOEICよりも易しく、日常的で身近、時間が短いという特徴をもった英語初級~中級者を対象のテストです。

テスト時間は、TOEICテストの半分の1時間で、リスニングセクション50問、リーディングセクション50問、合計100問の問題を解きます。

スコアは、リスニングが10点~90点、リーディングが10点~90点のトータル20点~180点で、2点刻みで表示されます。

リスニングセクションの出題スピードは、Tネイティブスピーカーが「注意深く」話す際のスピードで、TOEICテストよりも遅くなっています。

受験会場は札幌、仙台、埼玉、千葉、東京、神奈川、名古屋、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡の全国13都市です。

TOEICのスコア表と比較すると、TOEIC Bridgeの130点は、TOEICではおよそ345点、TOEIC Bridgeの160点は、TOEICではおよそ570点にあたると言われていて、TOEIC Bridgeで150点以上をマークした人は、TOEIC Bridgeではなく、TOEICの受験に変えた方が良いようです。

TOEIC Bridgeの受験者数は年々増えており、2011年には20万人となっています。

小学校での英語教育の本格化に伴い、受験者数は今後益々増加すると思われます。

Return to page top